FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Archive [2007年11月 ] 記事一覧

雪化粧した駒ケ岳。。。

先日、久々に大沼公園へ行って来ました雪が降ってからは、初めての訪問です。小沼湖の、いつもと同じ場所(8月12日記事・10月27日記事も見てね)から見た、雪化粧した駒ケ岳です。真冬の大沼は、その表面をぶ厚い氷と雪に覆われ、フィールドはスノー・レジャーの場と様変わりします。この日は、もう小沼湖の一部で結氷が始まっていましたよ。命芽吹いた新緑の季節、厳しい猛暑となった濃緑の季節、そして色鮮やかな紅葉の季...

雪の函館山。。。

またまた、カメラ片手に、函館山へ行って来ましたが、この日の函館山は、ご覧の様な雪模様‥折角来たのでとりあえず歩いてはみたものの、大事を取ってカメラはリュックの中に避難です(笑)デジカメって、雪(雨)に濡れても大丈夫なのかなぁ‥。お得意(?)の逆光で函館山山頂方向を撮ってみたけど、お天気がよろしくないと写真はやっぱりイマイチの出来えぞ紫の写真は、いかに腕(技術)以外の要素に頼っているかって事が一目瞭然...

アカゲラ。。。

先日歩いて来た函館山で撮影したアカゲラさんです。アカゲラさんは、キツツキ科の留鳥です。頭から尾にかけて、黒い羽毛に白い斑が入っています。お尻の赤い羽毛も、特徴的ですね。後頭部が赤くなるのはオスだけなんだそうなと言う事は、このアカゲラさんはオスだね頭‥と言えば、アカゲラさん達キツツキのお仲間は、餌となる虫を捕る時にもの凄いスピードと勢いで木を突くけど、よくあれで脳震盪を起こさないものだと、見る度に感...

シマリス。。。

昨日の記事でも触れた函館山のシマリスさん、何とまだ冬眠しないで活動していましたよ雪が降り、朝晩は氷点下の気温になるこの時期だもん、とっくに冬眠に入って来年の春までもう会えないと思っていたから、ビックリするやら嬉しいやら。こういう嬉しい誤算は大歓迎、思わず顔がほころぶえぞ紫ですニンマリ冬眠‥と言っても、シマリスさんの場合は、何日かおきに目を覚ましては巣穴の中で蓄えてある餌を食べたりトイレをしたりするんだ...

函館山トレッキング。。。

11月25日、函館山を歩いて来ましたいつもは写真右手にある「旧山道コース」を行くんですが、今回は冬の通行止中の車道を歩いてみる事に。1合目から車道のみを歩くのは初体験、どんなモノかとワクワクでしたよ車道は、所々アイスバーンになっていたけど、雪が少なくて歩き易かったですね。途中、こんなモノを発見これって、箱館戦争時の軍の要塞跡??車で函館山を登った事がある人なら、誰もが見て知っているであろう「車道の...

ミズヒキ。。。

ミズヒキ‥タデ科の多年草です。長さが40cm前後の花穂に、3mm弱の小さな小さなお花が幾つも付きます。花期は7月~9月頃で、野山の林等で見られますミズヒキと言う名前は、お花の色が上からだと赤く見え、下からだと白く見える事から‘紅白の水引’に例えられたんだそうなおめでたい感じがして、聞き心地が良い名前だよねお花をアップで見ると、こ~んな感じ~お花を見るとマクロ撮影せずにはいられないえぞ紫ですが、ミズヒ...

ワカン。。。

今日、ワカンを買ってきました。山歩きが出来ない冬の間、運動不足&ストレス解消と体力作りを兼ねて、近場の低山や雪原でトレッキングをしたいとかねがね思っていたのですよスノー・トレッキング初心者のえぞ紫、どこまで楽しんで歩けるか分からないけど、何事もやってみなけりゃあ~、ですよね。早くワカン・デビューがしたいわーーーと、叫んでみたものの、積雪量がまだ全然足りません自宅の庭の雪は、殆ど解けてしまいました。...

コバギボウシ。。。

コバギボウシ‥ユリ科の多年草です。30cm前後の茎に、ラッパ型をしたお花が幾つも付きます。薄紫色の花弁にストライプ模様が入っていて、シャープですっきりしたお花に見えますねコバギボウシは日陰でも良く育つお花なんだそうな。そう言えば、えぞ紫が見つけたこのお花も、日当たりの悪い林の中に咲いていたわ花期は7月~9月、野山の水辺や湿地等で見られます。今日のおまけ。アカバナ(アカバナ科の多年草)です。花期は7...

エゾリンドウ。。。

エゾリンドウ‥リンドウ科の多年草です。今年も色んな山々でエゾリンドウを見掛けたけど、その中で、横津岳の登山道脇に群生しているエゾリンドウが1番見ごたえがありましたね。写真も、そこで撮影したものです青紫色のお花は、お日様の下でないと開花しないんだそうなでも、エゾリンドウって、開花してもこの程度の開き具合?他種のリンドウみたいに、花弁が全開しているのを見た事が無いわ。これは、上のとは別の日に撮ったエゾ...

イヌタデ。。。

イヌタデ‥タデ科の1年草です。イヌタデも花弁が無いお花。花弁に見えるのはがくで、5cm位の穂にびっしりと付きます。花期は7月~9月で、道端等でごく普通に見られる、雑草の代名詞的な植物です。至る所に群生しているので、名前は知らなくても見た事がある人は多いんじゃないかなこれは、イヌタデとはちょっと違うかも花の付き方が少なくて、がくの色も白っぽいんですよね。(虫さんが居る事でお判りと思いますが、上3枚は...

在庫の秋。。。

テンプレートを、冬バージョンに変えてみました。とっても素敵なテンプレートで非常に気に入っているので、冬の間、使わせて頂きますでもって、このテンプレートに見劣りしない様な写真を撮らなきゃあねと思いつつ、昨日に引き続き今日もお天気が悪く、冬景色の写真が撮れませんなので、本日も在庫写真です秋の名残を探しに行って見つけた、オオツリバナの冬芽です木々達は、これからやってくる厳冬を必要最低限のエネルギーでひた...

ハキダメギク。。。

ハキダメギク‥キク科の1年草です。先日(11月17日)、函館山登山道脇で撮影しました。函館山山頂へ上る一般道は、冬の交通規制期間に入った為に、一般車両の通行が出来なくなりました。そのお陰で、登山者は車道を悠々自適に歩くことが出来ますハキダメギクは、そんな車道脇で撮影しましたさすがに多少しょんぼりした感じには見えますが、この時期に山でまだ咲いているお花がある事にビックリのえぞ紫見つけた時点では名前が...

タチオランダレンゲ。。。

タチオランダレンゲ‥マメ科の多年草です。四葉のクローバーとしてお馴染みのシロツメクサとは、見た目がそっくりさんな別品種。変わったシロツメクサ?と思って撮影したこのお花、もしかしたらタチオランダレンゲかもしれない草丈はシロツメクサよりも高く、葉っぱの形も細長い。お花の姿形も微妙に違うんですよね。6月~9月頃まで、野山や道端等で見られます。タチオランダレンゲのお花は、白からピンクと色のバリエーションが...

アキノキリンソウ。。。

アキノキリンソウ‥キク科の多年草です。アキノキリンソウは変異が多い植物らしいんだけど、どこがどう違うのか今イチ見極めがつかないんだなぁこの先時間をかけて、自分の足と図鑑等を使って調べあげ、自分自身が納得出来るまで(飽きるまで^^;)追求したいんだよねぇ。その道の専門家に弟子入りするのも良いかもね。花径1cm位の黄色いお花が沢山集まって、とってもチャーミーな秋の麒麟さんだと思いませんか?色んな虫さん...

カタバミ。。。

カタバミ‥カタバミ科の多年草です。ハート型の葉っぱに花径1cm程の黄色いお花‥シンプルながらも、その存在を強くアピールしているかの様に人の目を惹き付けます。花期は6月~9月、野原や道端等でごく普通に見られます。この写真を撮影したのは早朝(9月下旬頃)で、宝石の様に輝く朝露をまとったその姿に心を奪われ、夢中になってシャッターを切った事を思い出します。気が付くと、お尻や膝が濡れていたりしてね‥この葉っぱ...

センニンソウ。。。

センニンソウ‥キンポウゲ科のツル性植物です。4枚の花弁に見えるのは実はがく片で、実際の花弁は持っていないお花です。しべが、びろびろ~~ん‥ってね(笑)花期は8月~9月で、日当たりの良い野山等で見られます。今年は、このセンニンソウを良く見かけたえぞ紫。何処にでも咲いているお花なの?と思いきや、北海道ではごく1部の地域でしか見られないんだそうなやっぱ実際に歩かないと、貴重な出会いは有り得ないんだね~(あ...

ツリフネソウ。。。

ツリフネソウ‥ツリフネソウ科の1年草です。4cm程の大きさの舟形をしたお花が、細い柄でぶら下がっていることから「釣舟草」と言うそうな花期は7月~9月で、野山の湿った所に群生します。ツリフネソウとソックリさんで‥キツリフネ(ツリフネソウ科の1年草)と言うお花もあります。花期・生育場所等はツリフネソウとほぼ同じです。が、こんなにソックリなのに別品種。植物の世界も奥が深く、知れば知るほど興味がプクプク湧い...

ヒメジョオン。。。

ヒメジョオン‥キク科の2年草です。同じキク科のお花に、ハルシオンと言うそっくりさんがいます。パッと見、区別が付きにくい程似ています。ヒメジョオンの花期は6月~11月(ハルシオンは6~7月)で、草丈はヒメジョオンの方が高くなり、花径はヒメジョオンが約2cm、ハルシオンが約2.5cmと、ヒメジョオンの方が若干小さい様ですね。ヒメジョオンは北アメリカ原産の植物で、日本中の道端や空き地等でごく普通に見られ...

シマリス。。。

7月18日の記事でも紹介した、えぞ紫の顔馴染み?のシマリスさんですシマリスさん、只今、冬眠の準備で大忙しのご様子です。って、何で、落花生を食べてるの~純真無垢な野生動物に餌付けをするのは、絶対に!!止めて下さいね~お互いの為にならないですよ~?(←自滅?)気を取り直して‥シマリスさん、頬袋の中に落花生木の実等をいっぱい詰め込んでは、せっせと巣穴に運んでいました。ぽっくりホッペが可愛いにゃあ~餌付けさ...

11月の庭。。。

例年だと、えぞ紫の地元でも今の時期には初雪の便りが聞えてくるのに、今年はいまだ音沙汰無しですそれどころか、11月も半ばに差し掛かっていると言うのに、我が家のお庭は、ご覧の様にお花が満開状態です異常気象の恩恵(?)を受けて、サルビアやマリーゴールド達はすこぶる絶好調~それに負けじと、キク科のお花さん達も、衰え知らずで頑張っています園芸品種にはトンと疎いえぞ紫、それぞれ品種の名前は分かりませんが、どの...

尻別岳登山。。。

11月に入っても、冬とは思えないポカポカ陽気が続いておりますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。えぞ紫は、そんな陽気に誘われて、尻別岳へフラフラ~ッと、行ってきましたよ~だって、すんごく歩きたかったんだも~ん尻別岳(しりべつだけ)‥喜茂別町の南西に位置し、独立峰のごとく羊蹄山と対峙してそびえ立つ存在感のある山です。尻別岳登山道は「喜茂別コース」と「留寿都コース」とがあるんですが、この...

イヌホオズキ。。。

イヌホオズキ‥ナス科の1年草です。北アメリカ原産の帰化植物で、「ソラニン」と言う毒性を持つ有毒植物ですホオズキやナスに似ているけど、何の役にも立たない!事から別名をバカナスとも言うそうな~(笑)花期は8月~10月で、家の近くの道端等でごく普通に見られますそんなバカナスなイヌホオズキ軍団に囲まれて‥エゾムラサキ?に良く似たお花が、季節はずれながら健気に咲いていました。これは、ワスレナグサのお仲間?はた...

晩秋の風景。。。

ある日の午後、収穫が終わった田んぼの近くを通ってみました。収穫後の田んぼでは、稲藁を乾燥させている光景があちらこちらで見られます。遠くに見える山は、お馴染みの駒ケ岳です。稲藁をロール状にしたり‥これは、家畜等の餌になるのかなこんな三角状(?)にしたり‥。詳しくは分からないけど、乾燥後の稲藁の用途によって、その乾燥の仕方は様々なんだろうね。乾燥‥と言えば‥我が家の庭では、漬物用の大根を干しています。昔は...

恵山・岬展望コース。。。

恵山山頂から下山し、その足で岬展望コースを歩いて来ました恵山は大好きな山なんだけど、流石にこの時期になるとお花さんも虫さんも‥生き物の気配が段々無くなってきて、歩いていても何だかつまらない‥景色は、いつ見ても何度見ても、最高~に綺麗なんだけどね~岬展望台付近からだと、恵山はこんな風に見えるんですよ。で、ここが岬展望台です。はい、確かに岬が見えますでも、何て言う岬なのか、名前は判りません(笑)実は、こ...

恵山登山。。。

えぞ紫のブログでは、放牧馬や海向山登山、紅葉探し・その1、その2等で何度も登場している恵山。今回は、権現堂(山頂)コースを歩いて来ましたお馴染みの賽の河原からのスタートです。あんなに激しく燃え盛っていた紅葉も、今は見る影も無く‥。賽の河原に隣接して‥。いえいえ、実際問題、これがあると助かりますよね~?特に女性は‥(笑)権現堂コースは、自然が造り上げた摩訶不思議な岩の彫刻を楽しみながら、火山灰と火山礫...

ゲンノショウコ。。。

ゲンノショウコ‥フウロソウ科の多年草です。漢字で書くと「現の証拠」‥胃腸薬として実際に効く証拠を意味しているんだそうな花期は7月~9月で、道端等でごく普通に見られるお花です。しべの色形が、何とも言えず可愛いんだよね~ネタが少なくなるこれからの季節、在庫写真からお花等の写真を小出しにしていきます季節外れな事もありますが、それもえぞ紫のブログの個性、どうか大目に見てくださいね今日のおまけ。ヤマジノホトト...

カルガモ。。。

日本全土の河川や湖沼に生息し、カモ科の中でもごく普通に見られるカルガモさん。体長60cm程で、雌雄同色です。マガモの雌に良く似ていますが、嘴の色と顔のラインの違いで区別する事ができます。カルガモは、一般的には夏鳥なんだそうですが、えぞ紫の地元では、1年を通して見る事が出来ます。稲刈りが終わった田んぼに、落穂を啄ばみに来ていたカルガモさんご一行様。あっ、驚かせちゃったカモ~カルガモさん、ごめんねーー...

オロフレ峠・その2。。。

10月20日の記事でも軽く紹介したオロフレ峠。壮瞥町と登別市を結ぶ道道2号線、その中間辺りにある峠です。「オロフレ」は、アイヌ語で「赤い水」と言う意味なんだそうな前回来た時は濃霧で全く見えなかった風景を、この日は何とか見る事ができました。ここからは、倶多楽湖(くったらこ)が見えます。倶多楽湖は、白老郡白老町にあるカルデラ湖で、気象庁が定める活火山となっています(←Wiki参照)。直径約3kmのほぼ円形...

オロフレ山登山。。。

先日、悪天候の為に登山を断念したオロフレ山。(10月20日の記事も見てね)お楽しみは来年に‥と思っていたけど、人生、いつどうなるか分からない。もしかしたら、えぞ紫に明日は来ないかもしれない‥歩ける時に歩いておかないと、後できっと後悔する事になる。そんなの嫌ーーっ!!なので、ブブーッっとひとっ走り、オロフレ山に行って来ましたよ~前日から当日の朝まで、TVとネットの天気予報を細かくチェックうん!今回は大...

シラタマノキ。。。

シラタマノキは、高山のれき地等に生えるツツジ科の常緑の小低木です。漢字で書くと「白玉の木」‥その名の通り、約1cm程の白く丸い実が付きます。花期は7月~8月で、5mm程の白い壷状のお花が咲きます。が、今年は時期を逃してしまい、お花の写真を撮る事は出来ませんでした来年こそは逃さずに‥この記事を書く為にシラタマノキの事を色々調べていたら、「この実はサロメチールの臭いがする」‥とありました。サロメチール?...

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク