ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Archive [2008年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

袴腰岳登山。。。

先日、函館市の最高峰・袴腰岳を歩いて来ましたこの日歩いたのは、横津岳→烏帽子岳→袴腰岳を往復する、いつものお決まりコースです。横津岳登山道入り口から横津岳山頂を目指し、山頂にあるレーダー基地の手前の道を右折します。この日のお天気は晴れたり雲ったりに加えて霧も出ていたのですが、噴火湾の向こうには羊♡蹄♡山のお姿がハッキリ・クッキリ見えました~お花の写真を撮ったり、動物達の気配を感じながらルン...

シジュウカラ。。。

先日、山を散策していたら、もんの凄く!けたたましく鳴くシジュウカラさんに遭遇しました。そのシジュウカラさんを良く見たら、あら!何かを咥えているわ目を細めて見てみると、それは何かの幼虫でした。イモ虫を咥えながらあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ‥そして、大音量で鳴きわめくのです。もしかしたら、巣立ちしたばかりのヒナを呼んでいるのかも~そうとなると、是が非でも給餌シーンを写真に収めたい!と、し...

ミネズオウ。。。

ミネズオウ‥ツツジ科の常緑の矮小低木です。ミネズオウは高さが5cm~10cm程で、茎や枝は地表を這うように広がります。長楕円形の葉っぱは、裏側に軽く巻き込んでいるのが特徴です。開き始めたばかりのミネズオウ、花径は5mm程のとても小さくて可愛いお花です花冠は鐘型で先が5つに割れていますミネズオウの写真を撮っていたらクモさんを発見バシッと1本のスジが通っているこのお方は、アズマキシダグモですハナアブさ...

コムクドリ。。。

今日は、コムクドリさんの第2弾ですこれは5月中旬に撮影した写真なのですが、いつもの野鳥観察コースを歩いていたら樹上にコムクドリさんを発見しかも、何やら葉っぱを咥えています。辺りの様子を伺いつつ、葉っぱを咥えながら「ピー!ピー!!」一生懸命に囀っていたオスのコムクドリさん。「あら、これってもしかして‥??」と、オスがいる木の周りをキョロキョロ探して見ると‥すぐ近くの木に、やはりメスのコムクドリさんが居...

イワカガミ。。。

イワカガミ‥イワウメ科の多年草です。山地の岩場等に生え、葉っぱに鏡の様な光沢がある事から、この名が付いたそうですね。函館市東部にある恵山では、見事なまでに群生しているイワカガミを見る事が出来ます高さは10cm~20cm程、薄紅色の花弁の先は細かく裂けています。中をチロッと覗くと、しべが不思議な感じに見えますね(笑)お花ではなくて、何か別の生き物の口に見えるわ‥殆どの花弁の色は薄紅色なのですが、中には...

昆虫特集。。。

5月も残す所あと1週間ですね。季節も段々と初夏めいてきた今日この頃、巷の山ではセミの声が聞える様になってきました。声の主は、エゾハルゼミです。セミを探すときは鳴き声を頼りにするので、見つける個体はいつもオス‥メスにもお会いしたいのに‥(笑)エゾハルゼミの登場は山に初夏の訪れを知らせるサイン。やかましい!と思いながらも、この鳴き声を聞くと、何だか気持ちがワクワクしてくるんですよねそんなセミの大合唱の中...

エゾムラサキ。。。

エゾムラサキ‥ムラサキ科の多年草です。「エゾムラサキ=えぞ紫」となってしまう位、大好きなお花ですジーっと見ていると、何故か北海道の先住民族アイヌが伝承する小人伝説の「コロポックル」を連想してしうエゾムラサキ。可愛い小さな体で、毎日明るく元気に頑張って生きているのですよ。エゾムラサキは高さが20cm~40cm程で、茎・葉・ガク等には毛が生えています。お花は、花径が5mm~8mm、その中央に‘目’と呼ば...

春の昆虫達。。。

今日は、この春に出会った虫さん達の写真ですまずは、4月下旬に出会ったコツバメさん。雪解け後の山を散策していて1番最初に出会うのが、決まってこのコツバメさんの様な気がします。早春に活動する蝶ゆえに、体が毛深くなっているのだそうですこれは、5月上旬に出会ったエゾスジグロシロチョウさん(春型のオス)。シロチョウの仲間は、春型・夏型、オス・メス‥で、微妙に羽の模様が違うので種の特定にイマイチ自信が持てない...

オオバミゾホオズキ。。。

オオバミゾホオズキ‥ゴマノハグサ科の多年草です。目の覚めるような鮮やかな黄色がとても美しいオオバミゾホオズキは、春のお花達が咲き終わり、何となく寂しくなった山道に彩りと潤いを与えてくれるお花です。と同時に、季節は晩春から初夏へ‥そんな季節の移り変わりをも感じさせてくれますね。花冠はラッパ形で、下唇内面に赤い斑が入っています。黄色に赤‥本当に綺麗ですよねぇ花冠をアップで見てみると、中にはおヒゲが生えて...

ニュウナイスズメ。。。

ニュウナイスズメ‥ハタオリドリ科の夏鳥です。これは、オスのニュウナイスズメさんです。見た目はスズメさんとソックリですが、スズメさんの様に頬に黒い斑がありません鳴き声もスズメさんとそっくりで、自宅に戻りPCに画像を取り込みチェックをしていた所で、これがニュウナイスズメさんだと言う事に気が付きました下↓2枚は、メスの写真です。スズメさんは雌雄同色ですが、ニュウナイスズメさんのメスはオスと比べてると全体的...

ムラサキマムシグサ。。。

先日、山を散策していたら、紫色をしたマムシグサを見つけました「これは、何て種類なの?」と自宅に戻って色々調べてみても、イマイチ正体がハッキリしません数多く存在するマムシグサの仲間の中で、1番それらしいのが「ムラサキマムシグサ」なんですが‥。このムラサキマムシグサは、お花の位置が、葉っぱよりも低い所にあるのが特徴です葉っぱの形も、幅広ですね。茎の下の部分は、赤茶色のこんな色をしていましたムラサキマム...

キビタキ。。。

キビタキ‥ヒタキ科の夏鳥です。キビタキさんのオスは、黒色の羽毛とオレンジ色の羽毛の鮮やかなコントラストがとても美しいのが魅力です他の部分では、お腹は白、目の上と腰には黄色い斑が、翼には白い斑が入っています。メスは全体的にオリーブ褐色をしているそうです。この日観察出来たのは、オスのキビタキさんだけでした。あぁ、このオレンジ色の何て美しい事でしょう~ホレボレまた、オスはオオルリさんと同じく美声の持ち主で、...

ベニバナイチヤクソウ。。。

ベニバナイチヤクソウ‥イチヤクソウ科の多年草です。お花は、高さ20cm前後の茎に下向きに幾つも付きます。ベニバナイチヤクソウは、根茎が地中に伸びて群生する植物ですが、その根には菌根菌なるモノを保有しているそうですこの記事を書くにあたって色々調べていたら、菌根やら菌従属栄養植物やら何やら‥初耳の言葉がたくさん出てきました。って、何の事(笑)(えぞ紫には難しすぎて上手く説明出来ないので、興味のある方はW...

オオルリ。。。

オオルリ‥ヒタキ科の夏鳥です。オオルリさんの最大の特徴は、オスの頭から背中・尾にかけての瑠璃色の美しさですね他の部分‥顔は黒色、腹部は白色となっています。メスは全体的にオリーブ褐色をしているそうですが、この日は、メスの姿を確認する事はできませんでした。その鮮やかな瑠璃色ボディを写真に収めたかったのですが、中々思った様には撮れませんでした‥オオルリさんの背中~オオルリさ~ん、こっち向いてよ~(笑)オオ...

クルマバツクバネソウ。。。

クルマバツクバネソウ‥ユリ科の多年草です。早口言葉みたいで下を噛みそうな名前のクルマバツクバネソウは、と~っても不思議なお花です。(クルマバツクバネソウ×10回、早口で言ってみてください^^)初めてこのお花の存在を教えて貰った時の衝撃は、4年経った今でも忘れられません。えっ!これの、ドコがお花なのてな感じで、このお花の構造が全然!理解出来なかったんですよね(笑)緑色をした4枚の花弁に見えるのはがく片...

有珠山登山。。。

先日、伊達市・壮瞥町・洞爺湖町に跨ってそびえ立つ有珠山に行って来ました有珠山は2000年の噴火が記憶に新しい活火山です。いつもは洞爺湖畔からその勇姿を見上げてばかりだったので、今回は山頂から洞爺湖を見下ろすべく歩いて来ました(登山道は伊達市側にあります。)本来の登山道は工事用車両の専用道路になっている為、「治山の森遊歩道」を各案内板の指示に従って進みます。活火山と言っても登山コースは緑溢れる森の中...

ウグイス。。。

ウグイス‥ウグイス科の夏鳥です。日本人にとって、とても馴染み深い存在のウグイスさん。野鳥に興味が無くても、「ホーホケキョ♪」と言う鳴き声だけは誰でも知っているのではないでしょうか。別名を春告鳥‥その名の通り、4月になると何処からともなく聞えてくる「ホーホケキョ♪」。が、声はすれども姿は見えず、撮れそうで撮れない‥ウグイスさんを追っていると、時々ジレンマに陥ってしまいますね(笑)そんなウグイスさんを、こ...

クサボケ。。。

クサボケ‥バラ科の落葉小低木です。高さは約1m、枝先はトゲ状になっているそうです。あら、そうなの?気が付かなかったわ!今度、きちんと見てみよ~っとクサボケを見つけた時は、これはただのボケ(バラ科の落葉樹)の若木だと思っていたのですが、記事を書く為に調べたらクサボケと判明北海道では、ボケは自生していないと思っていたので見つけた時はびっくりしたのですが、なるほど、クサボケなら納得ですねお花はとても鮮や...

コムクドリ。。。

コムクドリ‥ムクドリ科の夏鳥です。オスは、頭部とお腹が灰白色で頬に茶色の斑があり、背や翼等は紫がかった黒色をしています。メスは、全体的に灰褐色です。見た目は、ヒヨドリさんの色違いって感じですね(笑)昨日の記事に書いた、ヤマゲラさんの愛の巣♡がある木の近くを、つがいでしきりに飛び交っていました。コムクドリは、木の洞に営巣するそうなので、ヤマガラさんの巣穴を横取りすべく狙っていたのかもしれませんね...

ヤマゲラのその後。。。

先日、あの巣作りしていたヤマゲラさんのその後を観察して来ました。と‥巣のある木の前に着いて何秒もしない内に、メスのヤマゲラさんが顔を出してくれました。思いっきり、こっちを見ています(笑)人の気配で警戒しているのか、何度となく顔を出したり引っ込めたりを繰り返します。近くの木では、オスの「キョッ、キョッ、キョッ」と言う鳴き声がもしかして、オスがメスを呼んでいるあっ!出てきたわ!!(あー、こんな時に限っ...

梅と桜。。。

今日は、梅と桜の写真です梅と桜は、同じバラ科の落葉樹だけあって見た目がそっくりです。ハッキリ言って、外見だけで両者を正確に識別する事は出来ません葉っぱや木肌等をじっくりと見比べても???って感じです(笑)その辺の所は、おいおい覚えるとして‥上2枚の写真は白梅、下の2枚は紅梅です。今回、見つける事が出来た梅は、この2種類だけでした。他にも色んな品種があるでしょうから、来年以降、機会があれば探してみた...

マムシグサ。。。

マムシグサ‥サトイモ科の多年草です。北海道で見られるマムシグサは、コウライテンナンショウと言う種類だそうです。マムシグサのお花は、その名の通り、マムシが鎌首を持ち上げている姿に見えるので、薄暗い林内で遭遇するとドキッとする事がありますねこの、鎌首に見える部分が仏炎苞、その中にある細長い棒状ものが花序です。お花の構造は、ミズバショウ等と同じですね花序をマクロ撮影してみたのですが、悲しいかな、ことごと...

ヒヨドリの水浴び。。。

今日は、4月下旬に撮影したヒヨドリさんの水浴びの様子をお送り致しますいつもの様にカメラを小脇に抱えて歩いていると、とある小さな池にヒヨドリさんの姿を発見「いや~ん、ラッキー」と、カメラを向けた瞬間‥勢い良く、池の中に飛び込んだヒヨドリさん。バシャ、バシャ、バシャ(笑)陸に上がって、プル、プル、プル(笑)体を震わせ、水を弾き飛ばす瞬間を写真に収めるのは難しいですねで、ふぅ‥と一息ついてすまし顔ヒヨドリ...

シジュウカラ。。。

今日は、シジュウカラさんの第3弾ですこのシジュウカラさんは、4月上旬に撮影した在庫です恋のお相手を探していたのでしょうか、もの凄い勢いでけたたましく鳴いていたシジュウカラさん。何も、そんなムキにならなくても‥と、思わず笑ってしまいましたよ(笑)野鳥さんの仕草は、どんな些細な事でも微笑ましく感じるものです↓下の3枚は、4月下旬頃の撮影です。シジュウカラさんの背中~見返り美人のシジュウカラさんあっ、また...

海向山登山。。。

ヤンカ山登山を楽しんだ翌日、今度は恵山の海向山(標高570m)を歩いて来ました昨日とはうって変わり、この日のお天気は霧が出ている生憎の曇り空で、風が強く吹く肌寒い日でした。あぁ、看板が落ちているわ‥昨日のヤンカ山は煌めく新緑の中、山野草もあんなに咲き乱れていたんだから、海向山もさぞかし綺麗に咲いている事でしょうと期待を込めて歩き始めたんですが、こちらは時期が少々早かったみたいで、地面を覆うマイヅル...

ヤンカ山登山。。。

先日、八雲町(旧熊石町)にあるヤンカ山(標高619.2m)を歩いて来ました。ヤンカ山は、昨年の秋、登山道入り口まで行ったものの、どうにも気分が乗らなかった為に登山を中止し、何もしないでそのまま自宅へトンボ帰りした因縁(?)の山です(笑)が、前回とは違って、この日の気分はヤル気満々の超ノリノリ~この日歩いたのは、東側登山道入り口から入って、前ヤンカ→ヤンカ山山頂→505山→西側ルートを1周するコースで...

ヤマガラ。。。

今日は、ヤマガラさんの第3弾です時々、ヤマゲラさんと名前が混同してしまうヤマガラさん(笑)この写真は4月下旬の撮影なんですが、この頃は、やっと若葉が芽吹き始めたばかりの時でしたそれから何日も経っていないのに、今は緑の濃さも随分違っていて、毎年の事ながら季節が移り行く速さにはビックリさせられますね。今回のヤマガラさんは、ちゃんと目線の位置で写真を撮る事が出来ましたよ。新規の記事を書く毎に過去記事を読...

桜とスズメ。。。

昨日の桜の写真を撮った公園で、久々にスズメさんの姿を追ってみました。過去記事にチラリと書きましたが、自宅庭に置いてあった野鳥さん用の餌台は3月に撤去したので、我が家に遊びに来るスズメさんの数もめっきり少なくなってしまいました普段フィールドでは、ついつい他の野鳥さんにばかり目がいってしまうし‥スズメさんの撮影は、本当にお久しぶりなのですよ。でも、久々に真剣に向き合ったスズメさんは‥やっぱり超可愛いわ~...

桜。。。

桜‥バラ科の落葉樹です一口に桜と言っても色んな品種があり、正直その辺の所は詳しくはありません。が、今回撮影に行った公園の桜の木には、親切にも品種の名前が書いてある札が掛かっているので、それを見ながら写真を撮る事が出来ましたこれは、お馴染みの染井吉野(ソメイヨシノ)です。「桜=ソメイヨシノ」‥と言う位、一般的な品種ではないでしょうか。ほんのりピンクがかった花弁が、清楚な印象を受ける品種です。こちらは、...

エンレイソウ。。。

エンレイソウ‥ユリ科の多年草です。大きな3枚の葉っぱの中央から花茎を伸ばし、ちょこんと小さなお花を1つ咲かせます。エンレイソウには花弁が無く、花弁に見えるのは3枚のがく片です。お花の中央には、6本のおしべに囲まれた子房があります。エンレイソウも変種の多いお花で、これはコジマエンレイソウ。コジマエンレイソウには花弁があるんですよねこちらは、オオバナノエンレイソウ。オオバナノエンレイソウも3枚の花弁が...

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。