FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Archive [2008年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

昆虫特集partⅥ。。。

今日は、昆虫特集partⅥをお送りしますまずは、エグリトラカミキリ(♀)です。何枚も写せないうちにあっけなく逃げられてしまった為ピン甘写真しかないのですが、カミキリ虫さんはカッコ良いので載せちゃいますこの色と模様、ホント良いセンスしていますよね~しっとり霧が立ち込める中で見つけたマエジロオオヨコバイは、メマツヨイグサの茎に止まって体が濡れない様に雨宿りをしている様でした。お天気の悪い日が続くと、虫さ...

ノハナショウブ。。。

ノハナショウブ‥アヤメ科の多年草です。ノハナショウブは夏の訪れを感じさせてくれる山野草の1つです。道路脇等に普通に群生していたりするので、車で移動中、何気に目にした事がある‥って人は結構多いのではないでしょうか。えぞ紫は5~6年前頃から、国道5号線(八雲~長万部付近)沿いに群生するノハナショウブを通りすがりに見て楽しんでいました以前はただ見て楽しむだけだったのが、現在では写真の被写体へと変わったノハ...

お気に入りの。。。

ここ最近、えぞ紫の頭の中には 『そばにいるね by:青山テルマ』 が流れています。。。今日は、そんなお気に入りの曲に心傾けながら撮った、お気に入りのお花達の写真をお送りします                          ユーフォルビァ・マーチニー(トウダイグサ科)  あなたの事  私は今でも思い続けているよ  いくら時流れて行こうと‥                              ...

カイツブリ。。。

バンさんやオオバンさん親子を観察している湖で、ちょくちょくカイツブリさんにお会いします。小さな小さなカイツブリさん、相変わらず小さくしか撮れませんでしたが、今回は夏羽姿を写真に収める事が出来たのでちょっぴり嬉しいですね警戒心がとても強いカイツブリさん、人の気配を察した瞬間水中に潜り、水の中を移動してそのまま雲隠れ‥何て事がしょっちゅうで、中々写真を撮らせてもらえません。カイツブリさんは、かくれんぼ...

イチヤクソウ。。。

イチヤクソウ‥イチヤクソウ科の多年草です。イチヤクソウの葉っぱは、卵状楕円形で細かい鋸歯があります。以前紹介したジンヨウイチヤクソウの葉は丸い形(腎円形)をしているので、その違いは見てすぐに分かります。茎の高さは15cm~25cm程、それに白いお花が数個付きます。個体差なのでしょうか、この花冠はほんのり緑がかっています。ジンヨウイチヤクソウのがく裂片は先が尖らないのですが、イチヤクソウのがく裂片は...

アブ・チョウ・トンボ。。。

今日は、アブ・チョウ・トンボの写真をお送りします昆虫の中でも、被写体として最高に美しいと感じるのがハナアブの仲間です。動作がゆったりとしているのでピントが合わせ易いし、近付いても逃げないのでアングルを変えながら思う存分撮影出来るのも嬉しい所です。ただ、ソックリさんが多く種の特定が難しいのが玉にキズ(笑)これはキタヒメヒラタアブ(♀)でしょうか、逆立ちしながらお食事していました。これも同じく、キタヒ...

スイレン。。。

スイレン‥スイレン科の水生多年草です。去年の記事で、スイレンの別名をヒツジグサと書きましたが、ちょっと違ってたみたいですね。一般にスイレンと呼ばれているのは、数種類の野生種を交配・改良した園芸種の事を言うのだそうです。日本に自生する野生種の事を「ヒツジグサ」と言い、園芸種より小型で白いお花を咲かせるのだそうですが、えぞ紫は、どれがどうなのかイマイチ見分けがつきませんこの写真のお花は花径が5cm程の...

昆虫特集partⅤ。。。

今日の写真は、昆虫特集partⅤをお送りします全身黒ずくめで赤のワンポイントが渋~いお方は、クロバネヒトリと言う種類の蛾です。体の色が黒いのはオスだけで、個体数も余り多くはないのだとか。こんなに黒色が似合っているのは、バットマンかクロバネヒトリ位ではないでしょうか(笑)初めてお会いした貴重な存在のクロバネヒトリは、我が家のお庭に遊びに来てくれた素敵♡なお客様でしたこれは、フィールドで出会ったミ...

コウホネ。。。

コウホネ‥スイレン科の多年草です。コウホネは、太い根茎が水中を這って伸びます。水中に生える植物なので容易に近付く事が出来ず、望遠レンズ装着での撮影となりました。カナヅチで水が苦手なので誤って落ちたりしない様にビビリまくりです(←と言っても、水深はかなり浅いんですけどね^^;)相変わらず克服できない苦手なモノが多いえぞ紫ですが、そんな時は『マザー・テレサの言葉』を思い出します。そうすると、こんな自分が...

クモさん特集partⅡ。。。

今日は、クモさん特集partⅡをお送りしますこれは、イオウイロハシリグモと言います。漢字で書くと、硫黄色走蜘蛛(笑)イオウイロハシリグモの体の色には個体差があるらしく、この子には体の側面に白線が入っていますこちらは、スジブトハシリグモ。爽やかなグリーン系の、とても綺麗なクモさんですハシリグモの仲間は蜘蛛の巣を作らず、獲物を見つけると走り寄って牙で捕まえるのだそうですこれはオニグモの仲間ですね。横か...

お気に入りの木。。。

登山とは別に、山野草や小動物観察・森林浴等が目的で歩く「お気に入りの森」と言うのがあります。「お気に入りの森」に選定(?)されるには幾つかの理由があるのですが、その1つに「お気に入りの木」の存在があります。これは、『森は海の恋人』と言うキャッチフレーズを持つ「お気に入りの森」に生えている「お気に入りの木」ですハッキリした樹齢は分かりませんが、恐らく200年以上は経っているだろうと思われるカツラ(カ...

クモさん特集。。。

今日の写真は、クモさん特集ですこの子は、我が家のお庭に住み付いているとても可愛いクモさんです体長5mm程の小さな体をしていて、「こんな種類のクモさんもいるんだ~」と思っていたら、どうやらこれはクサグモの幼体の様ですえぞ紫のブログを最初から見ていてくれた人には見覚えがあるかもしれませんはい、過去にこちらで紹介していました~去年のクモさんの血縁者かもしれませんね(笑)こちらは、野鳥の写真を撮りに行った...

ヤマボウシ。。。

ヤマボウシ‥ミズキ科の落葉樹です。昨年の10月19日の記事でお花と実の写真をさらりと紹介しましたが、今回はメインで紹介しちゃいます。ヤマボウシは高さ10mにもなる大きな木です。5~6年位前から良く立ち寄る公園内に植えられていて、そこを通る度に何気に見ていた何気に気になる存在なのです。ピンク色(~白色)の花弁に見えるのは総苞で、この大きくてワイルドで綺麗でとても目立つ総苞が凄く好きなんですよね~パッ...

オオバンの親子。。。

先日、バンさん親子を観察したのと同じ湖で、今度はオオバンさん親子と遭遇しました。これは雛ちゃんです。この日出会ったファミリーには、雛ちゃんは1羽しかいませんでした。気配を悟られた為に、沖の方へと逃げられてしまいましたオオバンの雛ちゃんは逃げ足が速くて後ろ姿しか撮れませんでしたが、羽毛が微妙にポヤポヤ産毛に見えるのと、嘴の色が黒い事から成鳥と違う事が分かります。これは、母オオバンさん(多分‥^^;)...

ラベンダー。。。

ラベンダー‥シソ科の常緑低木です。ハーブでお馴染みのラベンダー、最近は色んな品種が見られる様になりましたね。その中で、これはおかむらさきと言う品種です。北海道では古くから栽培されているおかむらさきは、ドライフラワーやポプリ等に向いているそうです。ラベンダーの香りには精神を和らげる効果があり、リフレッシュしたい時やイライラした時、不安な時や眠れない時等にこの香りが最適なんだそうですね。また、紫色は‘癒...

ツルウメモドキ。。。

ツルウメモドキ‥ニシキギ科のつる性の落葉木本です。昨年の秋に実の写真を撮っていた樹木は、今年花期を迎えたらお花の写真を撮ろうと思っていました。ツルウメモドキもその1つです。ツルウメモドキも雌雄異株で、これは雄花です。こちらは雌花。蟻んこが群がってます(笑)花期は5月~6月頃、実が成熟するのは10月頃で野山等で見られます。今日のおまけ。サワグルミ(クルミ科の落葉樹)の実です。クルミと言えば、リスさん...

マガモのエクリプス。。。

先日、バンさん親子を観察した帰りしなに、マガモのオスのエクリプスを見掛けました。昨年、マガモさんの記事を書いて以来、エクリプスを写真に収めたいと思っていたので、この出会いはとても嬉しいものでしたエクリプスとは、繁殖期を過ぎた後、一時的にメスのような地味な羽色になるオスがいて、その羽毛の状態の事を言います。上の写真のマガモさんのオスは、頭の色はまだかろうじて緑色をしていますが、他の部分はメスと同じに...

ヤマウルシ。。。

ヤマウルシ‥ウルシ科の落葉樹です。ヤマウルシのイメージと言えば秋の紅葉の美しさです。ヤマウルシ(ツタウルシも^^♪)は、紅葉する樹木の中では最も好きな木の1つなのですが、これまでにお花等を観察した事はありませんでした。新葉の軸・葉っぱが付く茎は赤く綺麗に互生しているので、見慣れてくるとすぐにヤマウルシだと分かる様になりますね。ウルシだけあって、その樹液に触れるとかぶれるそうなので、ヤマウルシに近付く...

バンの親子。。。

6月11日の記事で、睡蓮の葉の上を颯爽と駆け抜けて行くバンさんを紹介しましたが、今日は、睡蓮の葉の上でほのぼのと餌を啄ばむバンさんの親子を紹介しますカルガモさんやマガモさんと違って、バンさんは夫婦一緒に子育てをする様です。雌雄同色なので、どちらが父バンさんでどちらが母バンさんかは分かりませんが‥(笑)生後間もない雛ちゃんは、全身真っ黒クロスケでした~それにしても、赤い嘴と羽毛の生えていない(?)前...

コマユミ。。。

コマユミ‥ニシキギ科の落葉樹です。‘コ’マユミと言うだけあって、高さは2m前後と他のニシキギ科の木よりも小型ですね。ニシキギは枝にコルク質の翼が発達しますが、コマユミにはそれは見られません。以前の記事で同科のマユミの実の写真をアップし、その時にマサキさんも探してみよう~♪と言ったけど、残念ながらまだ出会えていません(笑)その代わり(?)に、ユスリカや‥蟻んこがウジャウジャ‥です(笑)花期は5月~6月、実...

ヤマガラの親子。。。

先日、久々にデジ一を持って森へ撮影に行った所、運良くヤマガラさんの親子に遭遇しました。ヤマガラさんの雛ちゃんを初めて見たえぞ紫、チョー感動です~巣立って間もないのでしょうね、翼をパタパタとパタつかせ餌をおねだりしていましたよ。大きなお口をいっぱいいっぱいに開けて‥ごっくん(笑)シャッターをきる音に反応し、キョトン?って顔をした雛ちゃん。か、可愛い過ぎる‥この後、親ヤマガラさんは、別の木へ飛んで行って...

ナツグミ。。。

ナツグミ‥グミ科の落葉樹です。葉は初め、表面に灰白色の鱗片と鱗毛が、裏面には鱗片が密生しています。なので、光線の加減でパッと見白っぽく見えますね。近似種にアキグミがあるのですが、木肌の違いで見分ける事が出来ます。手前の小枝が邪魔^^;で見難いですが、縦に幾つも筋が入っているのがナツグミの木です。お花は淡い黄色で、花径は6~8mm程。花期は5月~6月頃、7月~8月には赤く熟した実(食べられるそうで~...

ノイバラ。。。

ノイバラ‥バラ科の落葉低木です。ノイバラは、日本の野バラを代表するお花だそうで、高さは2m前後、ややつる性の枝や幹は横に広がりながら伸びていきます。お花はとても良い香りがし、2m程離れた所からでもノイバラの存在が分かるくらいです。ローズ系の香りが好きなえぞ紫、つい、その芳香に引き寄せられてしまいますね綺麗な花にはトゲがある‥枝には、ご覧の様にトゲが生えているので、触るときは注意が必要ですお花の色は基...

最近出会った虫さん達partⅣ。。。

今日は、昆虫写真のpartⅣをお送りします湖の周辺をウォーキング中に、白地に黒斑がとても美しいゴイシジミ(メス)に出会いました。ゴイシジミは、幼虫はアブラムシを食べ、成虫はアブラムシの分泌する蜜を吸う純食肉性のチョウなのだそうですこんなにエレガンスなのに肉食虫~(笑)これは、アイノカツオゾウムシでしょうか(←ちょっと自信が無いわ^^;)1匹のメスに2匹のオスがダッコンビ中でした(笑)あ、もしかして‘...

最近出会った虫さん達partⅢ。。。

今日は、昆虫写真のpartⅢをお送りします(写真は全てコンデジでの撮影です。)まずは、装甲車をイメージさせるマットなボディがカッコ良いヘリカメムシから。地元のフィールドでは、割と良く見かける種類のカメムシです。別の個体が地面の上にいたので、ちょっと失礼して正面から撮らせて頂きました。こちらは、ハサミツノカメムシのメスです。カメムシの顔って、デフォルメしなくてもマンガのキャラに使えそうな、愛嬌のある...

ミヤマキンバイ。。。

ミヤマキンバイ‥バラ科の多年草です。先日歩いて来たオロフレ山、そのエリア付近に群生していました。(なのに、登山道では1株も見つけられなかったんですよね)下山後、車に戻ろうとして何気に目に入ったミヤマキンバイ。特別珍しいお花ではないのですが、この時は、この鮮やかな黄色がとても輝いて見えました。オロフレ山の澄んだ空気と因縁の山を歩ききったと言う達成感が、お花を見る目と心に何かしら影響を与えたのでしょう...

オロフレ山で出会ったお花達。。。

今日は、オロフレ山登山道で出会ったお花達の写真をお送りしますオロフレ山で最初に見つけたお花は、アカモノ(ツツジ科の常緑小低木)です。鐘型の小さなお花がとても可愛くって、思わず下から覗き見してしまいましたよ登山道脇に群生し花道を作っていたのは、ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科の多年草)です。葉っぱの形が、シダに似ていますね。お花をアップで見てみると、とても不思議な形をしています。鳥の頭の様な?、アカ貝...

オロフレ山登山。。。

先日、オロフレ山を歩いて来ましたオロフレ山は、昨年2度も霧の為に歩くのを中断した因縁の山です。今回は3度目の正直‥と言う事で、晴天にも恵まれ絶好の登山日和でしたえぞ紫が歩いたこの日、登山道の草刈をしている方がいらっしゃいました。お陰で登山道は綺麗サッパリ快適に歩く事が出来ましたよ。お仕事、ご苦労様ですと、心の中で感謝しつつ先へ進むと‥えぞ紫お気に入りの羅漢岩です。やっぱカッコ良いやねー更に進んで、羅...

ウメガサソウ。。。

ウメガサソウ‥イチヤクソウ科の多年草です。高さは5~10cmで半低木状、葉っぱは先のとがった楕円形をしています。ウメガサソウ‥漢字で書くと「梅笠草」。お花が梅の花に似ている事からこの名が付いたのだそうですが‥何故か、花弁が開いたお花を見つける事が出来ません‥(笑)かろうじて、少しだけ開いているお花を発見。で、お得意の‘下からの覗き見ショット’ですお花に混ざって茎から飛び出している‘目玉おやじ’みたいのが果...

日光浴。。。

先日、あの公営団地(擁壁の排水パイプ^^)でニホントカゲさんが日光浴していました変温動物であるニホントカゲさんは、自分で体温調整する事が出来ません。昼行性の爬虫類の多くは、太陽が昇ると日光浴をして体温を上げてから活動を始めます。なので、午前中に野山を散策していると、こんな充電中のシーンが結構見られるのですよ別の部屋には、更に大きなニホントカゲさんがいました。丸々の艶々で、かなりカッコ良いニホントカ...

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。