FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Archive [2009年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

お引越しのご挨拶。。。

★;:*:;☆☆;:*:;★;:*:;☆ お 知 ら せ ★;:*:;☆☆;:*:;★;:*:;☆本日を持ちまして 『 ファインダーの向こう側 』 は新IDにお引越しの為、終了とさせて頂きます。ブログ開設から約2年、ご訪問頂いた方々に御礼申し上げます。ありがとうございましたお引越しの理由は前にちらりと書きましたが、単にファイル容量が一杯になった為でありまして、何方からかお叱りやダメ出しがあった等は一切ございません(笑)明日からは新IDにて 『 フ...

ヒメジョオン。。。

ヒメジョオン‥キク科の2年草です。高さは30cm~1.2m程、茎には長毛が散生しています。茎葉は長さが5~15cm程で先の尖った長楕円形をしており、下部の葉には柄と鋸歯があります。花径は2cm前後で、舌状花の色は白色~淡紅色~淡紫色とバリエーションに富んでいますね。蕾ちゃんの時は、柄からうなだれているのも特徴です。そっくりさんにハルジオンがありますが、ハルジオンはその名の通り春(6月~7月)に咲く...

オオハナウド。。。

オオハナウド‥セリ科の多年草です。高さは1.5~2mにもなる大型植物で、時に群生する事があります。葉っぱは3出複葉で小葉は更に大きく裂け、縁には不規則な切れ込みと鋸歯があります。花序は複散形で大きく、総苞片(←詳しい説明はWikiにて^^)と小総苞片とがあります。お花をアップで見ると、こ~んな感じ~お花は5数性で、花序中心部では小さく外側が大きくなるそうなんですが、今回の撮影ではそれらしい花序を見る事が...

マタタビ。。。

マタタビ‥マタタビ科の落葉つる性木本です。葉っぱは長さ6~12cm程で、つる状の枝に互生し葉柄があります。形は卵形で、縁は細かい鋸歯状になっています。花を付けるつるの先端部の葉っぱは、花期には写真の様に白化し、送粉昆虫を誘引するサインとなっていると考えられているそうですこの白化した葉っぱはパッと見かなり目立つ存在で、車の運転中でも山肌等で容易に見つける事が出来ますねえぞ紫はどうも昆虫と同じレベルら...

生き物達の棲み処 partⅡ。。。

今日は、ウォーキング中に見つけた、あの公営団地に住む生き物達の写真をお送りします午前の早い時間帯、団地の各階では活動エネルギーをたんまりと充電すべく、住民の皆さんが思い思いの格好で日光浴をしています。そんな中に、パイプから頭だけ出しているアオダイショウさんがいました。こうして日光浴をしている時は、舌をちょろちょろ出し入れはしないんですよね穴を見ると覗き込みたくなる習性のえぞ紫、早起きが苦手で?パイ...

オオウバユリ。。。

オオウバユリ‥ユリ科の多年草です。高さは1m~1.5m程と大型で、かなりの存在感を発する植物です。地下にある鱗茎は数年かけて成長し、花を付けるとその鱗茎は無くなり、根元に出来る小鱗茎で繁茂するんだそうです。葉っぱは長さ15~25cm程で長い柄があり、光沢と厚みのある卵状長楕円形。柄の付け根は心形で、葉の先は尖っています。お花は長さが12cm、径が6cm前後。茎の上部に横向きに数個付きます。花被片は...

ヒトツバイチヤクソウ。。。

ヒトツバイチヤクソウ‥イチヤクソウ(イチヤクソウ科の多年草)の変異種です。大きさ等の基本的な部分はイチヤクソウとほぼ同じですが、葉っぱは退化して見る事が出来ません。ヒトツバなのに葉が無いのです(笑)花茎は紅紫色をしています。ベニバナイチヤクソウにも似ていますが、ヒトツバイチヤクソウの花冠は白地にほんのり赤味がかった色をしています。ガク裂片は先が尖っていますね下からの、覗き見ショット~花期は7月~8...

ナデシコ。。。

今日は、久々に‘名曲にのせて‥’シリーズで、自宅庭に生えているナデシコ達の写真をお送りしたいと思いますBGMは、「 H2O / 想い出がいっぱい 」です。古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱい無邪気な笑顔の下の日付は遥かなメモリー時は無限のつながりで終わりを思いもしないね手に届く宇宙は限りなく澄んで君を包んでいた‥キラリ木漏れ日のような眩しい想い出がいっぱい‥「 想い出がいっぱい / H2O 」  作詞:阿木耀子  作...

アジサイ partⅡ。。。

今日は、昨日に引き続き、アジサイ(ユキノシタ科の落葉低木)の写真をお送りしますこれは、花序が長円錐状に伸びる「八重柏葉アジサイ」と言います。大型の品種で、164cmあるえぞ紫の身長よりもBIGに成長していました。見た目はダイナミックですが、純白のお花はとても可憐ちゃんと、そこにユスリカが!(笑)続いては、ヤマアジサイの改良品種「ベニガク」です。ヤマアジサイの装飾花は色の変化に富んでいて、これは文字通...

アジサイ partⅠ。。。

今日は、アジサイ(ユキノシタ科の落葉低木)の写真をお送りします一般的に、アジサイと言えば「西洋アジサイ(別名:ハイドランジア)」をイメージする方が多いのではないでしょうか。街路樹や公園樹、一般家庭のお庭なんかでも普通に見る事が出来るかと思います。えぞ紫の自宅庭でも、この大きな装飾花が円形にこんもりと咲いています。装飾花の中央に小さな両性花が咲くのですが、撮影時期が早かったみたいで、まだ丸い蕾ちゃん...

袴腰岳登山。。。

先日、函館市の最高峰・袴腰岳を歩いて来ました例年は5月下旬の山開き後ソッコー歩きに行っている袴腰岳ですが、今年は雨天日が多かった為に中々行く事が出来ず、この日が今期初の登山になりました。コースはいつもと同じ、七飯町の横津岳→烏帽子岳経由。フランスギクに彩られた登山道を、いつもと同じ様に進んで行きます。コース途中にある第一湿原と‥第二湿原は、いずれもエゾカンゾウが満開になっていました。この湿原はワタス...

トンボ2種。。。

今日は、トンボさんの写真をお送りしますまずは、シオヤトンボ(トンボ科)から。上から1枚目・2枚目がメスで、3枚目・4枚目がオスの写真です。メスは腹部がぼってりと太くなっており、黄色と黒のコントラストがとても綺麗です。見られる時期は、北海道では6月~8月頃だそうで、この写真を撮影したのは6月の中旬。これはオスで、腹部が平たくなっています。今回の撮影では、オスはご覧の様な未成熟な個体しか撮れませんでし...

ウシガエル。。。

今日は、ウシガエルさんの写真をお送りしますかえる ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせて ぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ以上、早口言葉でした~(笑)今日のおまけ。半農半芸で有名な田中義剛さんが経営する花畑牧場で飼育されている牛さんです。ここの看板娘なのでしょうか、観光中のえぞ紫に向かって一直線に歩み寄って来て無言で「Welcome」です(←脱走とも言う^^;)。社交辞令が済んだ後は、のんび~りと草を食んでおりまし...

ムラサキツユクサ。。。

ムラサキツユクサ‥ツユクサ科の多年草です。高さは50~80cm程、茎は太く円柱形になっています。葉っぱは広線形で内側に巻き、弓なりになります。お花は茎頂に多数付きます。花径は2.5cm前後で花弁は3枚、雄しべが6個に雌しべが1個あります。ムラサキツユクサ‥漢字で書くと「紫露草」。お盆期間中、小雨降る中お墓参りに行った際に、えぞ紫のご先祖様のお墓のすぐ傍に咲いていたのをコンデジで撮影しました。「名は体...

ニュウナイスズメの親子 partⅡ。。。

野鳥達の子育てもピークを過ぎようとしているいつもの森で、またまたニュウナイスズメさんの親子を見る事が出来ました可愛い我が子に、せっせと餌を与えるニュウナイ母さん。動物達の子育て微笑ましく、何度見ても心温まるものですねこの後、ニュウナイ母さんは、食欲旺盛な雛ちゃんの胃袋を満足させるべく、更なる餌探しの為に飛び立って行きました。残された雛ちゃんは、ちょっと不安げな様子。あっちをキョロキョロ、こっちをキ...

ヒヨクソウ。。。

ヒヨクソウ‥ゴマノハグサ科の多年草です。高さは25~70cm程、茎には軟毛が密生しています。葉っぱは長さ2~3cm程の卵形で軟毛が密生し、先の尖った鋸歯状になっています。葉腋から出る花序は、U字形に開き対生します。花冠は径6~8mm程で4裂し、花弁が4枚ある様に見えますね。お花をアップで見ると、こ~んな感じ~ヒヨクソウ‥漢字で書くと「比翼草」。何か、カッコ良いのだ花期は6月下旬から8月頃、野山の明る...

ハシボソガラスの親子。。。

野鳥達の子育てもピークを過ぎようとしているいつもの森で、ハシボソガラスさんの親子を見る事が出来ました親鳥と見紛う程に大きく成長した雛カラスちゃんが2羽、大きなお口を開けて「ご飯ちょうだ~い」の大合唱です。親カラスさんは、どこぞで見つけた魚の死骸を木の上に運び、その死肉を黙々とむしり取り食べています。その両脇で、やかましく鳴き合う雛カラスちゃん。食事時は、たとえ兄妹と言えどもライバルです。より大きく...

オニノヤガラ。。。

オニノヤガラ‥ラン科の多年草です。オニノヤガラは、葉緑素を持たない腐生ランです。地下には塊茎があり、それから高さ50cm~1mにもなる茎を伸ばします。葉っぱは鱗片状で、まばらに付きます。お花は20~50個程付き、花冠は壷形をしています。この植物を初めて見た時は、その得体の知れない存在感にかなりビックリさせられましたよ(笑)お花をアップで見ると、こ~んな感じ~‥。何か、笑えるし~(*≧m≦)=3花期は6月~...

カイツブリ。。。

野鳥達の子育てもピークを過ぎようとしているいつもの湖では、仲睦まじく夫婦の時間を過すカイツブリさんの姿を見る事が出来ます。で、キュウリリリリリリリィーーーーーッ!!と、チョー甲高い声でお互いの愛を確認し合ったりします。‥。ちょっと、うるさい(笑)いえいえ、それはとても良い事なのですよだって、その鳴き声のする方へ行けば、こうしてカイツブリさんを撮影する事が出来るのですから。因みに、今日の写真の殆どは...

バン親子のその後。。。

今日は、いつもの湖で子育てしているバンさん親子のその後をお送りします相変わらず真っ黒クロスケのおチビちゃん達、親バンさんの後をゾロゾロと付いて歩きます。こうして見ると、ぐん!と大きくなったのが分かりますね兄妹でツーショット~親から離れて、1人で大冒険する子もいれば‥睡蓮の葉っぱの陰で、おっかなびっくりのかくれんぼの子もいる。色んな経験を積み重ねながら、生きる術を身に付けていく雛バンちゃん。この親バ...

ニュウナイスズメの親子。。。

野鳥達の子育てがピークを迎えているいつもの森を徘徊中、今度はニュウナイスズメさんの親子を見る事が出来ましたこれは、母ニュウナイさん。嘴にクモの様なモノを咥えていますね。んー、羽毛の状態が、余り宜しくないですね‥。ニュウナイスズメのメスは美人さんのハズなのに、子育ての大変さが全身から滲み出ていますねそして、こちらがニュウナイ雛ちゃん‥と言うより、もう立派な若鳥です。性別はメス。若鳥の内は、メスでも明る...

コムクドリの親子。。。

野鳥達の子育てがピークを迎えているいつもの森で、今度はコムクドリさんの親子を見る事が出来ました場所は、去年も観察した、あの巣穴です。巣穴から、雛ちゃんがおっかなびっくりな様子で、でも好奇心でいっぱいな顔をのぞかせています。巣穴のすぐ近くでは、母コムクドリさんが餌を咥えながら大きな鳴き声を発していました。餌を持っているのにも拘らず、何故かそれを雛ちゃんに与え様とはしません。代わりに、父コムクドリさん...

コゲラの親子。。。

野鳥達の子育てがピークを迎えているいつもの森で、コゲラの親子を見る事が出来ましたこの日見る事が出来たのは、親コゲラさんが1羽に雛コゲラちゃんが1羽だけ。で、こちらが親コゲラさんで‥こちら、も‥親?あれれ??動きが素早いコゲラさん、親子で前に後に‥と動き回っている内に、だんだんどっちが親でどっちが雛だか分からなくなってしまいましたよ(笑)ひょっとしてつがいとも思えたのですが、給餌行動が見られたので親子...

カニカン岳登山。。。

先日、今金町にあるカニカン岳へ登山に行って来ました年に1度の恒例行事になったカニカン岳登山、今年は例の‘通行止め’が解除になっているかな?と淡い期待を持って臨んだのですが‥残念!ご覧の通りでした(笑)でも、良いんです~。だって、えぞ紫は歩く為に来たんですからと言う事で、約50分歩いて、本当の登山道入り口に到着。ふぅ =з(汗)前回の羊蹄山登山の時もそうだったんですが、自分のヤル気を奮い立たせる為とご褒美...

我が家のビオラ。。。

今日は、我が家のお庭に咲いているビオラの写真をお送りしますビオラと言えばスミレ、スミレと言えばこの曲「すみれの花咲く頃」。えぞ紫の単純な頭には、必ずこの歌が浮かんできます(笑)(品種名:シャーベット・イエロー・デュライト)♪すみれの 花咲く頃 始めて 君を知りぬ(品種名:べラルゴニウム・エンジェルアイズ)(※べラルゴニウムはフウロソウ科ペラルゴニウム属でビオラの仲間ではありませんでした。訂正してお詫...

ニュウナイスズメ。。。

今年は、いつもの森でニュウナイスズメさんの姿も良く目にしますと言う事で‥まずは、ニュウナイスズメさんのへなかショットから~ヾ(≧∇≦)〃このニュウナイスズメさんは、5月上旬撮影の在庫なのですが、憂いを帯びた表情で、愛しのメスに捧げる愛の賛歌を歌っていましたニュウナイスズメさんも、中々の美声の持ち主なんですよね自分の歌声に酔いしれているのか、はたまた、単に眠たいだけなのか‥このオスは、時々こうして目を閉じ...

昆虫特集 partⅥ。。。

昆虫特集 partⅥの今日は、チョウ(鱗翅)目‥蛾の仲間達をお送りします青緑色の翅がそれはそれは美しいこちらは、オオシロオビアオシャク(シャクガ科)です。洗練されたシンプルなデザインにシルクの様な光沢の翅‥薄暗い森の中でも発見できる程の大きな存在感を持っていました。この蒼の妖精には、ただただ感動です続いては、カモフラージュがお得意なこちら、キンオビナミシャク(シャクガ科)です。うっかりすると見過ごして...

ツルアジサイ。。。

ツルアジサイ‥ユキノシタ科の落葉つる性木本です。ツルアジサイは幹や枝から気根(詳しくはweblio参照^^)を出して他の木や岩等に絡み付き、高いものでは20m程にまで這い登ります。葉っぱは5~10cm程の卵円形で対生し、縁は細かい鋸歯状になっています。花弁の様に見える白い大きながく片と、花径5mm程の両性花がわさわさっと付きます。花期は6月~7月頃、野山で普通に見られます。北海道も、そろそろアジサ...

マガモの親子。。。

野鳥達の子育てがピークを迎えているいつもの湖では、マガモさん親子の姿も見る事が出来ます。夫婦で子育てをするバンさんと違って、マガモさんはメスだけが育児をします。母ガモさんだけで複数羽の雛ちゃんを見るのは大変な事なのでしょうが、ほんの一時の穏やかな時間をゆったり過ごす母ガモさんの表情は、幸福に満ち溢れている様に見えました。雛ちゃんはもう一人で餌探しが出来るみたいで、母ガモさんの心配をよそにドンドン遠...

マルバシモツケ。。。

マルバシモツケ‥バラ科の落葉小低木です。高さは、30cm~1m程になります。葉っぱの長さは2~5cm程で倒卵形、基部はくさび形、縁は鋸歯になっています。お花は、複散房花序に多数付きます。密集してこんもり円形にな所が、何とも可愛いんですよね花径は6mm前後、花弁は5枚でがく片は5裂しています。雌しべ5本に雄しべが多数あり、ピョンピョン長~い雄しべがリズミカルで、とても賑やかな感じに見えますね花期は6...

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。