FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

海向山登山。。。

ヤンカ山登山を楽しんだ翌日、今度は恵山の海向山(標高570m)を歩いて来ました

海向山登山①

昨日とはうって変わり、この日のお天気は霧が出ている生憎の曇り空で、風が強く吹く肌寒い日でした。
あぁ、看板が落ちているわ‥

海向山登山②

昨日のヤンカ山は煌めく新緑の中、山野草もあんなに咲き乱れていたんだから、海向山もさぞかし綺麗に咲いている事でしょうと期待を込めて歩き始めたんですが、こちらは時期が少々早かったみたいで、地面を覆うマイヅルソウの葉っぱだけが目立つという殺伐とした状態でした。

海向山登山③

歩いたコースは前回と同じ、456m峰経由で山頂を目指すコース。
この分岐点を左に進みます。

海向山登山④

登山道の至る所に野生馬の落し物が‥
これって、山にとっては良い肥料になっているんでしょうね(笑)

海向山登山⑤

お花は咲いていないし、寒いし風は強いし‥ただ黙々と歩いて456m峰に到着。
そこから見た恵山山頂には霧がかかっていて綺麗に見えません

海向山登山⑥

太平洋側も霧でぼやけています。
「今日は、風景やお花は諦めて、鍛錬と思って歩くのに専念しよう」と開き直って、歩みを進めます。

海向山山頂①

そして、海向山山頂に到着です

海向山山頂②

山頂からの風景は、霧の為ご覧の有様‥なので、さっさと下山です。

海向山登山⑦

と‥下を向いてボーーッとしながら歩いていたら、えぞ紫は道を間違えてしまいました
あれれ?ここは何処??
でも、周りの木にはピンクのテープ標識が付けられているので、登山道である事には間違いない。
んーー
‥??
取り合えず、行ってみよ~っと(笑)

海向山登山⑧

途中、急な上りに遭遇。
え?何で??
下っているハズなのに何で上りなの??
と疑問に思いながらも、この場所に1組の登山者がいたので、やはり登山道である事に間違いはない。
そう確信しながら先へ進むと、何と!再び山頂に到着してしまいました~
どうやら、ガイドブックには載っていない別のルートがあって、えぞ紫はそこを山頂に向かって歩いたみたいなんですよね~
流石に、ちょっとアセってしまいました。

海向山登山⑨

道を間違えて一瞬青くなってしまいましたが、2度目に山頂に立った時は霧が晴れていて、恵山がこんなにも綺麗に見えました
霧は晴れても気分が晴れないまま、再びの下山です(笑)
途中、休憩中の1組の登山者さんに大福とコーヒーをご馳走になるという親切にも触れ、「災い転じて福となる」といとも簡単に立ち直り、今度は間違ずに無事に下山する事が出来ました~
所要時間は、約2時間40分でした。
で、教訓です
 ①どんな低山でも、山を甘く見てはいけません(←はい、強く肝に銘じます
 ②山で食べる大福は美味しい(←どうも、ごちそう様でした~





ここからは、海向山登山道で出会ったお花達の写真です

海向山・マイズルソウ

マイヅルソウ(ユリ科の多年草)は、殆どが蕾の状態でした。

海向山・シラネアオイ

シラネアオイ(シラネアオイ科の多年草)は、幾つかは開花していたのですが、こちらも蕾が多かったですね。

海向山・スミレ①

タチツボスミレ(スミレ科の多年草)に‥

海向山・スミレ②

これは?
サクラスミレかな??
葉っぱが細長いんですが‥スミレの識別は難しいです

海向山・スミレ③

これは、ミヤマスミレの変種で「フイリミヤマスミレ」ですね。
葉っぱに白い斑が入っているのが特徴です

海向山・コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ(ツツジ科の落葉低木)です。
何かの実だと思って見たら、これもお花なんですよね。

海向山・エンレイソウ

エンレイソウ(ユリ科の多年草)も見られました。

海向山・ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ(ツツジ科の落葉低木)と‥

海向山・ヤマモミジ

ヤマモミジ(カエデ科の落葉樹)のお花も、まだ蕾ちゃんでした。

海向山・キツネヤナギ

これは、キツネヤナギ(ヤナギ科の落葉低木)でしょうかね?
図鑑を調べてみると、若い葉等にキツネ色の毛が生えているそうなので、今度機会があったら確認して来ようと思います。

GWも開け、5月も半ばを過ぎる頃から、各地で山開きが行われますね。
いよいよ、待ちに待ったシーズン到来です





にほんブログ村

*Comment

NoTitle 

子供の頃、叔母と母と兄と友達の5人で山に行った時。道に迷った事を思い出しました。近道を教えて頂いて、それっと張り切って歩き出したのは良いのだけれど、背丈より高いクマザサだらけになり、全然違う場所に出てしまいました。人のいる所に出れたのはラッキーでした。もしもあのときあの場所に出られなかったら、どうなっていたろうと思うと、今でも怖いです。山はやっぱり馬鹿に出来ませんね!ご無事でなによりです!
  • posted by ひゃんこ 
  • URL 
  • 2008.05/08 23:05分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/313-1a136a71

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク