FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

有珠山登山。。。

先日、伊達市・壮瞥町・洞爺湖町に跨ってそびえ立つ有珠山に行って来ました

有珠山登山①

有珠山は2000年の噴火が記憶に新しい活火山です。
いつもは洞爺湖畔からその勇姿を見上げてばかりだったので、今回は山頂から洞爺湖を見下ろすべく歩いて来ました
(登山道は伊達市側にあります。)

有珠山登山②

本来の登山道は工事用車両の専用道路になっている為、「治山の森遊歩道」を各案内板の指示に従って進みます。

有珠山登山③

活火山と言っても登山コースは緑溢れる森の中で、木漏れ日を浴びながら、とても気持ち良く歩く事が出来ます。
所々にある急峻な箇所にはロープが張ってある親切設計となっています。

有珠山登山⑰

コースの至る所に案内板が設置されていて、こちらも親切設計になっていますね。

有珠山登山④

車両用道路と交差し、標識に従って更に進むと‥

有珠山登山⑤

この辺りから、パ~ッと展望が開けてきます。
綺麗な春の紅葉越しに、噴火湾を望む事が出来ました
こちらは、長万部方面です。
時々振り返っては景色を堪能しながら歩き続ける事十数分‥

有珠山登山⑥

外輪山展望台(標高520m)に到着で~す
ここまでの所要時間は、約1時間20分でした。

有珠山登山⑦

活火山・有珠山の全貌です。
過去にも、イワオヌプリ樽前山等の活火山を歩きましたが、硫黄臭と独特の雰囲気が漂う活火山は超迫力満点でドキドキしてきますね。
写真右側の窪みは「銀大沼火口」と言うそうです

有珠山登山⑧

手前は伊達市街地、噴火湾の向こうは渡島半島で駒ケ岳の姿も見る事が出来ました。

有珠山登山⑨

そして、羊蹄山と洞爺湖です。
生憎、羊蹄山山頂には雲がかかっていましたが、二セコ周辺の山々は何とか見る事が出来ました。
写真右手にあるのは、小有珠です。

有珠山登山⑩

こちら側には、今夏のサミット会場である「ザ・ウインザーホテル洞爺」が見えます。
その奥には昆布岳が‥今年も、また行きたいなぁ‥。

有珠山登山⑪

「善光寺 奥の院」などと言うものもありました。
こういうのがあると、つい拝みたくなってしまうえぞ紫、パンパ~ンと登山の安全を祈願し、次の場所へ移動です。

有珠山登山⑫

で、着いた所が、火口原展望台(標高410m)です。
この場所には、何と!公衆トイレがあります
女性にとって、これは大変ありがたい事なんですよね~(笑)

有珠山登山⑬

火口原展望台にある案内板を見て、次のコースを確認します。
目指すは、有珠山ロープウエイ山頂駅がある洞爺湖展望台。

有珠山登山⑭

そこへ行くには、まず、最大斜度45度で269段(総階段数は600段!)ある階段を登らなくてはなりません。
見るからにキツそうですが、こういうのを見ると、何故か燃える!んですよね~(笑)

有珠山登山⑮

メラメラと燃えながら有珠山・火口原展望台に到着です。

有珠山登山⑯

写真右手に昭和新山、写真左手に有珠山ロープウエイ山頂駅、その奥に洞爺湖が見えます。
ここから舗装された道を歩いてロープウエイ山頂駅を目指したのですが‥ここで、事件がっ
何と、コンデジの電池が切れてしまいました~
あーぁ、またやっちゃったよ‥
メラメラと燃えていた炎も下火になり、とぼとぼと洞爺湖展望台まで歩いて、ちょっぴり凹みながらの休憩です
当然、写真はありません‥。
外輪山の火口原展望台からここまで要した時間は、約20分でした




ここからは、有珠山登山道(上り)で出会ったお花達です。

有珠山・クルマバソウ

クルマバソウ(アカネ科の多年草)は、今の時期、至る所で群生しているのですね。
小さく華奢に見えても、とても逞しいお花です。

有珠山・タチツボスミレ

これは、タチツボスミレかな?
只今、徹底的にスミレを観察・撮影し、数多い品種の見分けが出来る様になる為頑張っている最中です(笑)

有珠山・ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ(イチヤクソウ科の多年草)も群生していましたが、まだ殆どは蕾ちゃんでしたね。

有珠山・ネコノメソウ

ネコノメソウ(ユキノシタ科の多年草)は、もう種を付けていました。
これが、名前の由来なのですね

有珠山・アオチドリ?

これは何でしょう~?
アオチドリ(ラン科の多年草)かなぁ~??
ちょっと自信が無いですね。

有珠山・ホウチャクソウ

ホウチャクソウ(ユリ科の多年草)も咲いていました。
枝先に1~3個のお花が付く‥以前ヤンカ山で見たのも、ホウチャクソウかもしれないですね

えぞ紫が有珠山を歩いた日、車椅子登山をされているグループを火口原展望台で見かけました。
車椅子の方と数名のボランティアの方とが力を合わせて一生懸命に山を歩く姿を見ていたら、胸に熱い物が込み上げてきました。
彼らの勇気と行動力に心の中で拍手を送り、次の山行への意欲に燃えながら帰路についたえぞ紫なのでした(←再燃^^)
(下山時の所要時間は、約1時間15分でした。)




にほんブログ村

*Comment

有珠山だぁ~ 

お久しぶりです。
いつか暇なときに登ろうと思っていて、未だに登っていなかった山です。近くだからいつでも登れると思っていて油断してました。

有珠山からウィンザーホテルを見たらその向こうには昆布岳だと思いますよ。モヒカンのうよな山です。
  • posted by マスッチ 
  • URL 
  • 2008.05/16 19:52分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/321-aee8f521

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク