FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

函館・五稜郭

ペリー来航から始まる五稜郭の歴史。
アメリカの開国要求により開港場となった函館(当時は箱館)は、蝦夷地(北海道)の政治や外交、防衛の拠点‥まさに蝦夷地の要として誕生しました。

そして幕末の動乱──箱館戦争‥新撰組の悲しい歴史──五稜郭は封建制度終焉の地でもあるのです。

昭和27年には特別史跡に指定された五稜郭、現在は、幕末維新の歴史を語り継ぎつつ、市民の憩いの場として開放されています。

今日は、そんな五稜郭の写真です

五稜郭タワー①

五稜郭で有名なのが、ここ「五稜郭タワー」です。
2006年4月1日に開業した新タワーは、高さ:107m(展望1階:86m、展望2階:90m)。
ペリー来航から始まる五稜郭の歴史を初め、ガラス張りの展望フロアからは360℃の大パノラマが楽しめます

五稜郭タワーから見た五稜郭公園

展望2階フロアから見た、五稜郭公園です。
四季それぞれに美しい五稜郭公園ですが、約1,600本のソメイヨシノが咲き乱れる春は特に素晴らしいものがあります

五稜郭タワーから見た函館山

展望2階フロアから見た、函館市内と函館山です。
この日はあいにく雲が多く、当初は函館山にも雲がかかっていたんですが、幸運にも数分間だけ姿を現してくれたので、そこを何とかパチリ




展望1階フロアには、強化ガラスの床で下がスケスケ丸見えの「シースルーフロア」があります。

五稜郭タワー⑤

絶対に‘割れない’と分かっていても、この上に立つのは、かなり勇気がいります

五稜郭タワー③

タワー1階のガラス張りのフロア「アトリウム」には、土方歳三のブロンズ像(作:小寺眞知子)や‥

五稜郭タワー④

箱館戦争時に使用された大砲等が展示されています。


今日のおまけ。

桜と五稜郭タワー①


桜と五稜郭タワー②

5月のGWに撮った、桜と五稜郭タワーの写真です。
この時期、五稜郭公園には名(迷)カメラマンが溢れているんですよ(笑)



にほんブログ村


  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/38-ad69f416

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク