FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

羊蹄山登山。。。

先日、えぞ紫ランドマーク・羊蹄山を歩いて来ました。

羊蹄山登山1

真狩村側にある「南コブ展望台コース」は歩いた事があるものの、山頂を目指すのはこの日が初めて。
その記念すべき第1歩は、倶知安町側「比羅夫(ひらふ)コース」からです。

羊蹄山登山2

入山届ポストで記帳を済ませ、逸る気持ちを抑えながら、いざ、レッツ・ラ・ゴーです(笑)

羊蹄山登山3

コースの概要は登山ガイド等を見て大体は頭に入っていたので、それらを実際に歩きながら確認し、あとは山野草や自分の感性に共鳴する風を楽しみなが、ゆったりした気分で歩く事を心掛けました。

羊蹄山登山4

2合目の手前付近に、こんな風穴がありました。
穴を見つけると覗かずにはいられない習性のえぞ紫、ちょっと横道に逸れて見に行ったのですが‥

羊蹄山登山5

残念ながら、何も発見できず~(笑)

羊蹄山登山6

今まで特別な思いを込めて見続けてきた羊蹄山。
その登山道を確かな未来へと向かって歩きながら、これまで歩いて来た人生を振りかえったりしていたら、5・6号目付近でもう胸がいっぱいいっぱいになっちゃって、目頭まで熱くなってしまいましたよ(笑)
それらの思いは、全て山の神々が受け止めてくれた様に感じます‥。

羊蹄山登山7

感傷に浸りながらも、京極町側にモクモクと立ち込める雲が気になります

羊蹄山登山8

でも、目指す山頂には太陽の光が燦々と
自然の恵みと自分が今この場所にいられる事に感謝をし、1歩1歩を大切に確実に踏みしめながら先へ進みます。

羊蹄山登山9

避難小屋と山頂方向への分岐点がある9合目を通過し‥

羊蹄山登山10

「モウ一息、がんばれ」‥と、山の声に励まされて‥

羊蹄山登山15

標高1843mの北山に到着です。
この日、自宅を出発したのが朝の4時半。
なので、猛烈にお腹がペコちゃんだったので、ここで火口と山頂を見ながら昼食です
何てったって、腹が減っては戦は出来ぬ!です(笑)

羊蹄山登山11

胃袋が満足した所で、改めて山頂を目指します。
京極町側は相変わらず雲が多いです。

羊蹄山登山16

そうして、歩き始めて約3時間45分後、やっと羊蹄山山頂(標高1898m)に辿り着く事が出来ました~


羊蹄山山頂から見た太陽には、暈がかかっていました。
(暈が切れて写っちゃってるのが、何とも悔しいです

羊蹄山登山12

太陽に暈がかかるとお天気が崩れると言いますが、実際、翌日には雨が降りましたね
自然は正直です(笑)

羊蹄山登山14

これは「父釜」と呼ばれる大火口です。
直径700m、周囲5km、深さ200mmもあるそうです

羊蹄山登山13

山頂に吹く心地よい風とピンと張り詰めた空気、大迫力の火口を堪能した後は外輪山をグルリ1周です。

羊蹄山登山17

喜茂別(きもべつ)側は危険な岩場が多く、細心の注意を払いながら集中して進みます。
なので、写真を撮る余裕は全く無し
が、ここでも目の前を、進む方向に向かってチョウがハラハラと‥

羊蹄山登山18

雲が多いにも関わらず、駒ケ岳は綺麗に見る事が出来ました。
ここでもまた、熱い思いが込み上げてきます‥。

羊蹄山登山19

危険な岩場を過ぎ、平坦な場所でホッと一息つきながら、二セコアンヌプリを見下ろします。
ん?
二セコの山々がえぞ紫を呼んでいる~(笑)

羊蹄山登山23

ここは、旧避難小屋跡地です。
ここに、シマリスさんのお宅がありましたよ~栗鼠
(現在現役の避難小屋は、トイレの心配も無かったので立ち寄りませんでした。)

羊蹄山登山20

これにて外輪山1周は終了、要した時間は約50分でした。
下山を前に軽く休憩、ついさっき立った山頂を振り返りながら今後の山歩きの事等を考えていたら、メラメラと新たな闘志が湧いてきます
ここで得た自信を胸に次の目標を心の中に掲げ、さぁ下山開始です
が、上りよりも下りを歩く方が苦手なえぞ紫、その自信を転んで無くしたりしない様に慎重かつ集中して歩きます。

羊蹄山登山21

途中、何匹ものシマリスさんが目の前を横切ります。
中々上手く写真に納める事は出来ませんでしたが‥

羊蹄山登山22

そうして無心で歩く事約2時間50分、無事に下山する事ができました~
登山道から、羊蹄山を改めて振り返ってみます。
率直な印象として、羊蹄山はやはり大らかで優しく素晴らしい山でした。
もちろんここを歩くのは大変な事ですが、それを快感に変えてくれる要素がこの山には沢山あります。
羊蹄山を歩いた中で得た最大の喜びは山頂に立った事では無く、この長い道のりを山頂目指して歩いた過程の中にありました。
羊蹄山を歩いた中で得た最大の達成感は山頂に立った時では無く、無事に自宅に戻り最愛の家族達の安心した顔を見た時に得られました。
そして、これがえぞ紫のスタイルなのだと確信しました。
これからも、この信念を貫いて歩き続けて行きたいと思います




にほんブログ村

*Comment

登ったんですね。 

相変わらず登山もブログもハイペースですね。
コメントが出遅れてしまいました。
お天気に恵まれて良かったですね。
見慣れた風景だけど、何度見ても飽きないですね。
羊蹄山に登れば、アンヌプリはハイキングのようなものでしょうね。

今年は、羊蹄山には9月に登ろうかと思っていますが、お天気と休みが一致しないと・・・。
  • posted by マスッチ 
  • URL 
  • 2008.08/25 19:37分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/418-a79a13c1

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。