FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

2度目の羊蹄山登山。。。

先日、人生2度目の羊蹄山登山へ行って来ました

羊蹄山登山(真狩)①

今回歩いたのは真狩コース。
この日、羊蹄山には朝から雲がかかっていたのですが、雲に覆われた羊蹄山は果たしてどんな表情を見せてくれるのかワクワクしながら、いざ!レッツ・ら・ゴー
‥と、いきなり写真がピンボケです(予備の写真、撮ってないし‥)。

羊蹄山登山(真狩)②

始めは急な上りで林の中を進みます。
ここに来たのは約6ヶ月ぶり、何だか懐かしいわ~(笑)

羊蹄山登山(真狩)③

1合目を過ぎると南コブ展望台への分岐があります。

羊蹄山登山(真狩)④

展望の良くない急な上りをひらすら歩き、一息つきながら木々の合間から眼下を見下ろしても、雲やら霧やらで街並みが良く見えません。
この時期は、もう咲いているお花も余り見られません。
なので、6号目付近までは雲の切れ間から時折射す強い日差しを浴びながら、急登&蒸し暑さと戦いながらただ黙々と歩くだけでした。

羊蹄山登山(真狩)⑤

と、ここに来て猛烈にお腹が空いてきて、今イチいつものパワーが出ないえぞ紫、仕方が無いので7合目の手前でおにぎり1つを早弁です(笑)
やっぱり、腹が減っては戦はできないのですよ
こまめな休憩、適度な水分補給や食事のタイミング、道具の使い勝手や靴紐の締め加減やら何やらかんやら‥自分に合った歩き方を色々模索するのが今回の登山テーマの1つでした。

羊蹄山登山(真狩)⑥

7合目付近を過ぎると盛夏を思わせる陽射しが降り注ぎ、雲の上に出た事を実感。
眼下には綿菓子の様な真っ白いふかふかな雲海が‥
飛行機に乗ってではなく、自分の足で歩いて雲の上に出たのは初めての事なので、かなり感動でしたね(笑)
耳を澄ませば、この辺りからでも下界を走る車の音が聞えるんですよ~

羊蹄山登山(真狩)⑦

それから8合目のガレ場を通り過ぎ、9合目へ。
山肌が、ほんのりと色付き始めていました
空の色も、もう秋色をしていましたね。
展望が良くなると俄然張り切るえぞ紫、ここから一気に外輪山まで上ります。

羊蹄山登山(真狩)⑧

外輪山の旧山小屋跡地で、本日のメイン・イベントである昼食タイムで~す
えぞ紫は、ここでとん汁を飲みながらおにぎりが食べたかったんですよね~(笑)
して、そのお味は??
もっちろん、美味しかったよぉーーー
と、胃袋と脳ミソが満足した所で、再び山頂を目差します

羊蹄山登山(真狩)⑨

今回は、火口の中を通ってみました。
その途中に撮った、これは「母釜」と‥

羊蹄山登山(真狩)⑩

こちらが「小釜」と呼ばれている、小さな火口の写真です。

羊蹄山登山(真狩)⑮

そして、これが大火口である「父釜」です。
何度見ても、大迫力ですね

羊蹄山登山(真狩)⑫

そんな感動を胸に刻みながら、無事、山頂に到着で~す
ここまでの所要時間は、約4時間10分でした。

羊蹄山登山(真狩)⑪

山頂からの景色は、京極町側に少し畑等が見えただけで、後は全て雲海が広がるのみ。
でも、これはこれで、また素晴らしく絶景なのですよ。
今回は外輪山を回らず、山頂で一息ついた後、北山経由で下山する事にしました。




ここからは、真狩コース登山道で出会った動植物の写真をお送りします

羊蹄山登山(真狩)・ミヤマトウバナ

これはミヤマトウバナ(シソ科の多年草)ですね。
比羅夫コースでも見かけていたのですが、前回は余裕がなくて紹介しませんでした。
が、今回はお花の写真が無くて寂しいので載せちゃいます(笑)

羊蹄山登山(真狩)・シマリス

シマリスさんには、いっぱいお会いしましたよ栗鼠
高山の羊蹄山で暮すシマリスさん達は、これからやって来る厳しい冬に備えて色んな準備に勤しんでおりました。
シマリスさ~ん、頑張って厳しい冬を乗り切るんだよ~~

羊蹄山登山(真狩)・ナナカマド

これはタカネナナカマドでしょうか。
実が、真っ赤っ赤に熟していました。

羊蹄山登山(真狩)・キアゲハ

9合目付近で出会ったキアゲハさん。
標高の高い山の山頂付近って、色んな種類のチョウが飛んでいるんですよね
何か、理由があるのかな?
そして、このキアゲハには白いモノに寄っていく習性があるのでしょうか。
前回も今回も、岩に白いペンキで描かれた方向指示の矢印の上に止まっているのを、何度も目にしました。
それは、まるでチョウが、えぞ紫が進むべき正しい道へと導いてくれているかの様に見えるのです‥

羊蹄山登山(真狩)・ミヤマフキバッタ

時折、ミヤマフキバッタさんも目の前を横切ります。

羊蹄山登山(真狩)・コケモモ

コケモモの実も、もうこんなに成熟していました。

羊蹄山登山(真狩)・カタツムリ

下りの登山道では、初めて見たカタツムリさんに遭遇
あー、殻が潰れちゃってる‥

羊蹄山登山(真狩)⑬

これは、下山時に、8合目付近で見上げた空です。
山を歩く時、太陽や雲を見て吹く風を感じて、お天気の変化等が判る様になりたいですね。
この日は朝から羊雲が出ていたので、翌日はしっかり雨が降りました

羊蹄山登山(真狩)⑭

下り時の5合目付近、雲の中です
実はここに来る数日前に、両親の古い知り合いが八ヶ岳で滑落死したと言う話を聞いてしまいました。
この先、そういう山へ行こうとしている自分を心配しながらも快く送り出してくれる家族。
そんな大切な家族を悲しませたり、他人を巻き込んだり善意の人達に極力迷惑をかけずに山を歩きたい‥そう考えると、必然的に歩みが慎重になりますよね。
そんなこんなと色んな事を考えながら、でも集中して歩く事約3時間、無事に下山する事が出来ました。
今回の羊蹄山登山は、前回以上に有意義で素晴らしい登山になりました。





にほんブログ村


*Comment

又、登ったんですね。 

お天気に恵まれて良かったですね。
登る前に雲がかかっていたらがっかりするけど、山頂が晴れているとひときわ感動しますよね。
しかし、函館から来て、羊蹄山に登るとなると朝が早いでしょう。居眠り運転には気お付けてくださいね。

私も早く登らなくては・・・。あまり遅くなると雪が降っちゃいますからね。
  • posted by マスッチ 
  • URL 
  • 2008.09/09 06:05分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/435-9638a2d7

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。