FC2ブログ

ファインダーの向こう側

風景やお花を中心に、身近な自然の中の何気ない瞬間を、思いつくがままに撮っています。

Entries

立待岬。。。

函館市の最南端にある「立待岬」。

立待岬①

18世紀の江戸幕府・蝦夷地直轄時代には、外国船監視の為の台場が設けられていたそうです。
また、第二次世界大戦中は、要塞地帯法により市民は立ち入り禁止になったりもしましたが、現在の立待岬は、津軽海峡を望む景勝地として観光スポットになっています。

立待岬②

地名の由来は、アイヌ語で「ヨコウシ」(待ち伏せする所)の意味で、ここで立って魚を待つ事から名付けられたそうなさんま

立待岬③

立待岬から、函館市街地方面を見た景色です
ここには「与謝野寛・晶子の歌碑」が、この近くには「石川啄木一族の墓」等があります。

立待岬④

これは、昭和6年6月6日、啄木のお墓参りに訪れた際に詠んだものだそうな




立待岬⑤

立待岬から海岸へ降りる遊歩道があり、ちょっとした散策が楽しめます

立待岬⑦

海岸にある岩は、火山の噴火の際に出来た溶岩「立待岬溶岩」と言い、江戸時代には、五稜郭等にもここの石が切り出されたんだそうな


今日のおまけ。
立待岬とは全然関係無いんだけど‥

お墓から見た風景

えぞ紫一族の墓も、この町(のどこか)にあるのだ
これは、お盆にお墓参りに行った時、お墓から見えた風景で~す



にほんブログ村

  • [No Tag]

*Comment

今日のおまけ 

一族(えぞ家)のお墓がある場所は羨望がgoodですね~。
おじいちゃん、おばあちゃん達は千の風になって、えぞ紫さんと一緒に立侍岬や羊蹄山へ行って又お墓に戻って景色を眺めてゆっくり休み、又千の風になって撮影旅行に同行して!!
よいよいヨイヨ~。v-230

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ezomurasaki.blog111.fc2.com/tb.php/70-6cc660db

Menu

プロフィール

えぞ紫

Author:えぞ紫
技術的な事はカメラにお任せ。
感性と気合とハッタリで撮った写真を見て、何かを感じて貰えたら幸いです。

リンクはフリーです♪
お立ち寄りの際は、コメントを残して頂けると嬉しいです。

※記事とは無関係のコメント・トラックバックは、予告無に削除させて頂く事があります。予めご了承ください。
※※悪質な‘なりすまし行為’等は固くお断り致します。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月間アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

検索フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク